2015年・相模原納涼花火大会 の日程や見どころなど開催情報

sagamiharahanabi 『相模原納涼花火大会 2015』

 

今年も花火大会の季節がやってきました。毎年のように全国各地で催される花火大会は夏の風物詩であり、多くの人たちが楽しみにしている一大イベントとなっています。

 

 

 

真夏の夜空に打ち上げられる花火はもはや芸術的で、シンプルでセンチメンタルなものから壮大で絢爛豪華なものまで、様々な色やかたちを見せてくれます。

 

 

 

会場には家族連れや友達どうし、恋人どうしなど大勢の人たちが集まり、花火を見上げながらそれぞれのひとときを楽しみます。

 

 

 

また、多くの露店が立ち並び、そこで飲み食いするのも楽しみのひとつではないでしょうか。

 

 

 

全国に数ある花火大会の中で、今回は『相模原納涼花火大会』をご紹介したいと思います。

 

 

 

poster

 

 

 
神奈川県相模原市の水郷田名で毎年8月に開催される花火大会で、1951年に〝情緒と水
郷と鮎のまち〟水郷田名の復興を祈願して行われた「田名煙火大会」が前身となっています。

 

 
1971年からは現在の「相模原納涼花火大会」となり、県内では「あつぎ鮎まつり大花火大会」や「神奈川新聞花火大会」、「よこすか開国祭開国花火大会」と並ぶ県北最大級の花火イベントとなっています。

 

 
2005年までは毎年7月30日に開催されていましたが、翌年から近隣の花火大会とのスケジュール調整のため、8月の最終土曜日に開催日が変更されました。

 

 
2008年には相模川が大雨の影響で増水したため、会場となる河川敷は危険と判断され、花火大会は中止になっています。しかし、再開催を望む市民が多かったことから、例外的にその年の11月1日に開催されました。

 

 

 

毎年約8000発の花火が真夏の夜空を美しく彩る『相模原納涼花火大会』。今年2015年の第44回大会は8月22日の土曜日、午後7時から開催されます。なお、荒天の場合は翌23日に順延となります。

 

 
昨年度は、アイドルグループ「SUPER☆GIRLS」をはじめ、エイベックス所属アーティストの曲にあわせて花火が打ち上げられるシーンがあり、大いに盛り上がりました。

 

 

 

また、事前に申し込みをしておけば、花火の打ち上げとともに自分が希望するメッセージを場内放送で流してもらえる企画もあり、今年も行われるようです。

 

 

 

花火大会当日はどうしても大勢の来場者で混み合い、場所によっては花火が見づらいことも
あったりします。早めに来て場所取りをしておく人もいるかもしれませんが、同会場にはいくつか穴場スポットがあるようです。

 

 
例年、多くの来場者は高田橋の周辺で鑑賞します。よって、その対岸側へ行けば比較的混雑
せず見やすいといいます。また、高田橋を渡って相模川の川上へのぼって行くと三栗山スポ
ーツ広場というのがあり、そこも穴場だそうです。あとは横山公園や大島あたりの田んぼの近くもいいのだとか…。

 

 

 

昨年はあまりよく見れなかったという人はもちろん、今年始めて訪れる人も、この穴場スポットを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 
〝情緒と水郷と鮎のまち〟は今年もおおいに賑わうことでしょう。ぜひ8月22日の土曜日は『相模原納涼花火大会に』に足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

コメント