アナウンサーの荒木真理子が第1子出産!旦那さんは誰?

a-1-224x300『お天気キャスター荒木真理子さん、第1子を出産』

 

 

 

テレビ朝日『スーパーJチャンネル』のお天気キャスターを務めていた気象予報士の荒木真理子さん(37歳)が今月12日、第1子となる男の子を出産していたことがわかりました。

 

 

 

荒木さんが自身のブログを通じて報告したものです。始めての出産について荒木さんは、「想像を絶する世界でしたが、今はこれまでに経験したことのない感動でいっぱい!新たな命を授かること、お腹の中にいた赤ちゃんがこの世に誕生すること、お互いに元気に家族として対面できること、もう全てが奇跡です。生まれてきてくれて本当にありがとう!」と、大きな喜びと感謝の気持ちをつづっていました。

 

 

 

荒木さんは埼玉県出身で、慶応義塾大学卒業後の2001年に宮城テレビ放送にアナウンサーとして入社。同年10月に気象予報士試験に合格しています。

 

 

 
2005年に宮城テレビ放送を退社後、テレビ朝日の気象予報士となり、2013年から『スーパーJチャンネル』にお天気キャスターとして出演していました。

 

 
〝色っぽすぎるお天気キャスター〟と呼ばれ、多くの男性視聴者から支持されていた荒木さん。出演2年後の今年7月、出産準備のため惜しまれつつ同番組を降板しています。

 

 

 

出産の話が出たとなると、気になるのが旦那さんのことですが、残念ながらこれといった情報は出ていません。荒木さんのブログを覗いて見ても、旦那さんがどのような人なのか、いつ結婚したのか、いっさい触れられていません。

 

 
ただ、荒木さんが宮城テレビ放送を4年で退社し、東京のテレビ朝日にトラバーユしていることから、遠距離恋愛中だった彼氏が東京にいたのではないか、という話がネット上では出ているようです。ひょっとすると、現在の旦那さんとは学生時代から付き合っていたのかもしれません。だとすると、すでに13年間いっしょにいるということになりますね。

 

 

 

ブログによると出産の前日11月11日は結婚記念日だったとあり、丸1日陣痛室で過ごし
たことが書かれていました。

 

 

 

結婚記念日の翌日に出産した荒木さん。「最高のプレゼントになりました」と幸せいっぱい
につづっていました。

 

 

 

「0歳の母親誕生、これから息子とともに私もしっかり成長していきたいと思います。
家族協力しあってがんばります」。そう決意を述べていた新米ママの荒木さん。

 

 

 

ご出産おめでとうございます!

 

 

 

 

 

コメント