今井洋介の心筋梗塞の原因は不規則な食事習慣?

3a130192平成27年11月23日(月)に心筋梗塞により亡くなった今井洋介さんですが、2010年に、100キロあった体重を半年で65キロまで減らすなどたびたび、過酷なダイエットに励んでいたそうです。

 

 

 

それらが、心筋梗塞と関係があるのでしょうか?

 

 

 

心筋梗塞とは、心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈血管に閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態との事だそうで、早朝・冬場に発症するケースが多いみたいです。

 

 

 

また、人口の高齢化によって年々増加傾向にありそうですが、今井洋介さんはまだ31歳という若さです。

 

 

 

ただ、半年での大幅な減量について「無理な食事制限など、偏った食生活をしていたのではないか」と医療関係者が指摘しているので、これらが心筋梗塞と関係があった可能性はおおいにあります。

 

 

 

心筋梗塞は、体に痛みが出るなどの予兆もなく、突然発症するため予防が難しく、若い世代に多い疾患ではないが、20代、30代の突然死の原因の大半を占めるので、今井洋介さんも特に体調面でおかしいと気づく事もなかったのでないかと思います。

 

 

 

心筋梗塞」の恐ろしさを今回感じました。

 

 

 

亡くなった今井洋介さんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

コメント