亀田興毅の子供にダウン症の噂?真相は?

96958A9C81818A9997E2E6E7E78DE0EBE3E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXBZO4895950029112012000001-PN1-2今年10月16日に行われる「WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ」で、チャンピオンの河野公平選手と対戦する亀田3兄弟の長男・興毅選手。

 

 

勝てば日本人では前人未到の4階級制覇を成し遂げることになります。

 

 

 

そんな亀田興毅選手。自身のオフィシャルブログ『今』において、このように語っていたことがありました。「俺ってボクシング好きなんやなぁ」と言ったうえで、「ボクシングは仕事、稼いでなんぼ、稼がれへんかったらやる意味がない」と、あくまで生活の手段であることを強調しました。

 

 

 

興毅選手は2012年5月、中学時代からの同級生で亀田プロモーションの役員を務める伊藤美香さんと結婚しています。同年9月には長男・万毅(まなき)くんが誕生。さらに翌年8月には早くも次男が誕生し、興毅選手は2児の父親となりました。

 

 

 

以前あるテレビ番組で、〝オレと嫁と、弟と妹と、時々、オトン〟と題して、興毅選手と美香さんのハワイでの挙式やその後の結婚生活に密着するという企画が放送されたことがありまた。そこではいつものコワモテのイメージではなく、子煩悩な優しい父親の姿を見せていた興毅選手。妻・美香さんについて「家事も含めて何でもできて優しいところがいい。

 

 

 

彼女がいると、余計なことを考えずに試合に集中できる」と話し、朗らかな笑顔を見せた興毅選手に好意を抱いた視聴者は少なくなかったといいます。

 

 

 

「中学生からずっと付き合ってた女の子と結婚するなんて、めっちゃまじめやん」といった声も上がっていました。そんな大切な家族を持つ興毅選手にとっては、やはりボクシングは「好きなこと」であると同時に、家族を養っていくための「仕事」でもあるのでしょう。

 

 

 

番組放送後、ネット上ではたくさんの好意の声が寄せられましたが、いっぽうで少しばかりネガティブな書き込みも見られました。

 

 
番組内で愛くるしい姿をお披露目した興毅選手の長男・万毅くん。クリっとした可愛い目をしていて、家族からは「まんちゃん」の愛称で呼ばれていました。

 

 
しかしそれを見た一部の視聴者が、どういうわけか「万毅くんはダウン症じゃないか?」と言い出したというのです。

 

 

 

ダウン症とは正式にはダウン症候群と呼ばれ、遺伝子内の染色体が異常を起こすことで発病するのだそうです。身体とくに顔に症状が出やすいと言われており、「丸く凹凸がない、目がつり上がっている、左右の目の間隔が広い、鼻が低くて広い、あごが小さい、耳が小さい、指が短い」といった特徴が見られるといいます。

 

 

 

しかしネット上にアップされている万毅くんの写真を見ても、病気といった印象はまったくありません。いたって普通だと思います。鼻が低いとか目の間隔が広いというのはいくらでもあることで、それだけでダウン症だと言ってしまうのは、あまりにも浅はかな気がします。

 

 
ひょっとすると、亀田家のパフォーマンスや一連の騒動などを批判する一部のアンチの人たちが言い出したのかもしれませんが、真相がわからないままそういった短絡的な発言をするのはどうかと思います。

 

 
亀田家を応援するファンもいれば、批判するアンチファンもいるでしょう。しかしそっとしておくべき面もあり、それについては温かく見守ってあげるべきではないでしょうか。

 

 

 

 

 

コメント