亀田興毅と河野公平の試合予想!WBA世界戦を制すのは?

『河野公平×亀田興毅・WBA世界戦を予想』m_20150901k0000m050122000p_size7

 

今年10月16日に米国シカゴで行われる「WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ」。チャンピオンの河野公平選手に挑戦するのは、元世界3階級王者で同級2位の亀田興毅選手。

2度目の防衛を狙う河野選手への期待もさることながら、久々の「亀田家」参戦のタイトルマッチということもあり、今から大きな注目を集めています。

 

 

 

両者の試合は当初7月中に行われる予定でしたが、河野選手が肋骨を痛めたことにより延期。しばらくは開催日程のメドが立たない状態が続いていましたが、先日ようやく、10月16
日に開催することが正式決定されました。

 

 

 

9月3日、亀田興毅選手が早くも決選の地アメリカへと飛び立ちました。亀田選手は6日に行われる次男・大毅選手の復帰戦、三男・和毅選手とジェイミー・マクドネルとのタイトルマッチを観戦したあと、ラスベガスでキャンプに入り、河野選手との決戦に向けて最終調整を行う予定だということです。

 

 
サングラスに白いジャケット姿で成田空港に現れた亀田選手は、渡米前のインタビューで
このように話しました。「試合までまだ時間がある。気持ちの高ぶりはない。俺は100%仕上がっている。明日試合になっても大丈夫や」と、冷静な口調ながらも強気な姿勢を見せていました。

 

 
対戦相手の河野選手について聞かれると、「特別なものがあるわけやない。普通のボクサー。
対策するまでもない」と切り捨て、「河野選手は仕上がってない。俺はこれからもっと上がる。試合は自然な流れでKOになる」と、自信満々に語りました。

 

 

 

先月31日には河野選手の記者会見場にいきなり乱入し、「お互いいい試合しようや。今のうちにベルトを磨いといてや」と言ってチャンピオンを挑発した亀田選手。会場をあとにすると、「会見があると聞いて、思いつきで来たんや。盛り上がって視聴率も上がるやろ。俺は生まれながらの天才や」と報道陣を前に豪語。

 

 
河野選手については「元気なかったな。面白い場を作ったんやから、何か返してほしかったな」と余裕の表情を浮かべて見せました。

 

 

 

とんだハプニングに見舞われた河野選手。「さすが亀田、何かやらかしてくれる。びっくりしたけど、試合でびっくりさせてやる」と言い、「モチベーションは最高に上がっている。敵地アメリカなので勝つにはKOしかない。必ず倒します」と自信を覗かせながら試合への意気込みを語っていました。

 

 

 

2か月以上も前からすでに盛り上がりを見せている両者の決選。久々の日本人どうしのタイトルマッチであると同時に、「亀田家」の参戦ということもあり、今からおおいに注目したいところです。

 

 

 

 

 

コメント