亀田興毅と河野公平の試合予想で河野が圧倒的有利!その理由に迫る!

s_sponichi-spngoo-20150831-0115河野公平選手と亀田興毅選手の対戦が最初に発表された今年5月。

インターネット上でのリサーチでは、80%以上の人が河野選手の勝利を予想しました。その背景には「亀田家」による一連の不祥事に対する批判の目もあったのかもしれませんが、やはり、ここ数試合で確実に進化を遂げ、誰もが納得のいく勝利を収めて安定した強さをアピールした河野選手に分があると考えた上での予想ではないかと思います。

 

 

 

どんなに打たれても勇猛果敢に前へ前へと突進していく河野選手のファイティングスタイルが、見る人に好印象を与えていることも、このような予想になった要因のひとつと言えるでしょう。

 

 

 

これだけ多くの人が河野選手の勝利を予想していると、亀田選手のほうがだいぶ格下なのかと思ってしまいがちですが、決してそうとも言い切れません。亀田選手というと、どうしても粗暴で礼儀を欠いたパフォーマンスをするというイメージが付いてしまっているせいか、アグレッシブなKO狙いの「ファイタータイプ」だと思われがちです。

 

 

 

しかし実際はそうではありません。亀田3兄弟の中でもとくに興毅選手は、フットワークを使ったアウトボクシングを得意としています。河野選手のように前へ前へと向かって行くようなことは極力しないで、横へ横へと回りながら徐々に間合いを詰め、チャンスが来たらカウンターで相手を仕留める、いわゆる「ボクサータイプ」の選手なのです。

 

 

 

じつは亀田興毅選手はもともと、スピードを最大の持ち味とする選手だったのです。

 

 

 

亀田興毅選手が初めてメディアの前に〝顔見せ〟したのは今から14年前。彼がまだプロデ
ビューする前の中学生だった頃です。未来を嘱望された若手の逸材が、先輩ボクサーと拳を
交えるという企画で、亀田選手は元世界2階級王者の井岡弘樹さんとエキシビションでスパ
ーリングを行いました。

 

 

その中身はとてもエキシビションとは思えないほど激しいもので、決してひるむことなく井岡さんに向かって行く亀田選手の姿は印象的でした。何より周囲が目を見張ったのは亀田選手の圧倒的なスピードでした。いちどだけ井岡選手が、かわしきれずに顔面に左ストレートを受けてしまうシーンがあり、誰もが驚いたほどです。

 

 

 

その後の亀田選手の活躍は誰もが知る通りです。しかし複数の階級でチャンピオンになることを望んだ亀田選手は、本来のベスト体重だったライトフライから最終的にはバンタムまで階級を上げることになります。

 

 

 

その結果、本来の持ち味だったスピードが失われてしまったのです。

 

 

 

今回、河野選手との試合で亀田選手は初めて階級を落として戦いに臨みます。もし体重を落とすことにより、亀田選手が本来の持ち味であったスピードを取り戻すことができたとしたら、軍配は亀田選手に上がるかもしれません。

 

 
河野選手は打たれながらも前へ出てKOを狙ってくるファイタータイプです。亀田選手がステップを駆使して左右へ動けば、河野選手はスピードについて来られなくなる可能性が充分にあります。

 

 

 

そこへ亀田選手のフックなりショートアッパーなりがカウンターで入れば、KOを狙えるかもしれません。すべては亀田選手のスピードにかかっている気がします。

 

 

亀田選手のスピードがバンタム級のときとさほど変わらなければ、多くの人の予想通り、河野選手が勝つような気がします。しかしスピードがライトフライ級時代と同等のレベルに戻っていれば、ひょっとすると亀田選手のKO勝利ということもあるかもしれません。

 

 
10月16日、はたしてどのような結果になるのか。今からおおいに注目していたいです。

 

 

 

 

コメント