香月一也(大阪桐蔭)選手の密着レポート!出身や今後の情報も

香月 一也香月一也選手は、2014年夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭高校の中心選手として活躍した、超高校性級のスラッガーです。

 

 

高校時代では、1年秋からベンチ入りし2年春の選抜後からレギュラーに定着したそうです。

 

 

そんな、香月選手は2014年のドラフト会議でロッテからドラフト5位指名を受け、今後はプロ野球選手として活躍すると思われますが、そんな香月選手のこれまでの出身や経歴などについてまとめてみました。

 

 

香月一也選手のプロフィール

 

名前:香月 一也

出身:福岡県遠賀郡水巻町

生年月日:1996年4月16日

身長:176cm

体重:83㎏

ポジション:内野手(三塁手)

利き腕:右投左打

 

 

香月選手の出身は、福岡県遠賀郡水巻町というところで小学校6年時にはソフトバンクホークスJr.チームでの経験があります。

 

 

他にもキャプテンで1番レフトの中村誠選手やエースの福島孝輔選手も同じくソフトバンクホークスJr.チームに所属していたので今年の大阪桐蔭は、九州出身の選手構成だったことが分かります。

 

 

ポジションはサードで、2年時にはセカンドを守るなど強肩で動きも軽く、特に捕球後のスローイングが非常に良かったそうです。

 

 

そんな香月選手の1番の見どころは何と言っても今年の夏・甲子園、ナンバーワン打者として注目を集めた打撃です。

 

 

夏の大会史上初の3年連続同一カードとなった明徳義塾戦では岸投手から先制2ランを放つなど、野球ファンを魅了してくれましたね!

 

 

高校通算30ホームランと実績も十分ですし広角に鋭い打球を放つ技術もありますので、今後プロとしてどのように活躍するのか非常に楽しみな選手だと思います!

 

 

コメント