お年玉の相場はいくら?大学生まで渡すのに賛否両論・今どきのお年玉事情

お年玉毎年この時期になると大人の頭を悩ませれるのが「お年玉」と言う人も多いはず。

 

そこで、世間ではお年玉について一体いくらが相場なのか、今どきのお年玉事情についてまとめました!

 

そもそも「お年玉」の由来は?

今ではあまり見られなくなった家庭も多いかと思いますが、お正月に飾る鏡餅。これに新年の神様である年神様が宿ると考えられており、このお餅を食べることで、年神様の力が授かるといわれていました。

 

そのお餅を、一家の家長が家族に分け与えること。それがお年玉のルーツだと言われているそうです。

 

 

年代別、お年玉の相場

小学校低学年は1000~3000円が多いみたいで不公平感がないように親戚同士であらかじめ金額を決めておくという声もありました。

 

 

中には、図書券で代用する人もいるとか。小学生でもあるのでお金ではなく物で代用する人も少数いるみたいですね。

 

 

中学生になると3000円~5000円という意見が多くお年玉の金額もアップします。学年が上がるごとに1000円づつ上げる意見も多かったです。

 

 

高校生では、5000円~10000円が最も多くまた、いつまでお年玉を渡すのか、世間一般的には「高校生まで」が約4割を占めているそうで、ここで面白いのは渡す年代によって変わってくる事です。

 

 

祖父母世代では大学生まで渡すという意見が多く、父母世代では高校生までという意見が多いことから、渡す側の年代によって若干の違いがあるようですね。

 

 

大学生以上になると1万円が相場という意見が多いですが、先ほども言ったように渡す側の年代によってバラつきがあるのと、大学生ならアルバイトをしてお金を稼げる年齢なのでお年玉は渡さないという意見も半数以上あるので、この年代まで貰えるのは、やはりおじいちゃん、おばあちゃんの存在が大きいみたいですね。

 

 

そしてもらったお年玉の大部分は親が管理して将来のために貯金しておくという家庭も、昔と同様でやはり多くの意見が聞かれました。

 

 

お年玉をもらって嬉しかった記憶が、また次世代へお年玉をあげるようになり、お年玉文化はお正月の恒例行事として今後も続いていくのでしょうね。

 

 

 

コメント