正随優弥選手(大阪桐蔭)密着レポート!今後の進路は?

正随優弥選手正随優弥選手2014年夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭高校の4番打者として活躍した選手です。

 

 

大阪桐蔭高校時代では、プロ入りを目指して野手に転向したとの情報があるので恐らく中学時代ではピッチャーとして活躍していた事がわかります。

 

 

期待されながらも度重なる怪我に悩まされ高校2年時に右足首の骨折を負い夏と秋の大会は出場できずほぼ2年生の時は、目立った活躍が出来ずにいました。

 

 

怪我から復帰した3年春の大会からは、4番センターでレギュラーの座を獲得したそうで、公式戦での初安打、初打点を飾ったのも同じく春の大会(初戦の桜宮戦)からだそうです。

 

 

仮に怪我なく3年間高校野球生活を送っていたら一体どうなっていたのかなーと少し想像してしまいます(笑)

 

 

正随優弥選手のプロフィール

 

名前:正随 優弥

出身:広島県広島市

身長:182cm

体重:85㎏

ポジション:外野手(センター)

利き腕:右投右打

 

 

正随優弥選手のバッティングシーンがあったので貼っておきますね!

 

 

 

名前の読み方は、しょうずいゆうやで大阪桐蔭OB(現在日本ハムファイターズ)の中田翔選手と同じ広島県出身です。

 

 

高校通算ホームランは19本塁打で、しっかり振り切るスイングから強い打球を放つ中距離打者だったそうでまた、50m6秒2と走れる4番打者として西谷浩一監督からの期待も高かったみたいですね!

 

 

気になる今後の進路ですが、プロ志望届は出さず亜細亜大学へ進学するみたいで、野球で有名な大学でもあるのでまたそこでの活躍を期待したいですね!

 

 

コメント