内田眞由美が卒業を発表!その理由は?焼肉店経営を優先か?

utidamayumi『アイドル兼焼肉店オーナー、AKB48内田眞由美が卒業を発表』

 

 
人気アイドルグループAKB48の内田眞由美さんが今月7日、千葉・幕張メッセで開催された握手会において、グループを卒業することを発表しました。

 

 

 

同じ日に自身のインスタグラムでも卒業を発表しています。インスタグラムで内田さんは、「私、内田眞由美はAKB48を卒業します。AKB48として活動した約7年半。あっという間でもあり、すごく長い時間だった気もします」とコメント。

 

 
太陽に手をかざした写真を添え、「楽しさや厳しさ、人の温かさ、仲間の大切さ、たくさんの事を経験し学び、内田眞由美という人間をここまで作り上げてくれました」と、ABK48のメンバーとしての日々を回想していました。

 

 

 

内田さんは2007年に5期生メンバーとしてAKB48に加入。2010年には「第1回じゃんけん大会」で見事チャンピオンに輝き、新曲『チャンスの順番』でセンターを務めました。

 

 

 

また、AKBでの活動と並行して、新大久保に「焼肉IWA」をオープン。アイドルと焼肉店オーナーという2足のわらじを履く異色の存在でもある彼女。「これから先、私は芸能活動と経営者としての仕事の両方に力を注いでいきたいと思います」と述べ、卒業後も変わらず両立を続けていくことを宣言しました。

 

 

 

「私はAKBの中で王道アイドルと呼べるような人材ではなかったと思いますが、それなら人と違うことをしよう、自分らしくいよう」と考えていたという内田さん。番組内で披露した「岩」のコスプレが人気を呼び、AKBメンバーの中でネタキャラとしての地位を確立していきました。

 

 

 

2013年にはフォトエッセイ『岩にしみ入る〝内田さん〟の声』を発表。

 

 

 

霜が降りる真冬の朝、〝岩〟の被り物で芸人なみの極寒屋外ロケに臨んだ内田さん。「みんないろんな写真集を発表しているけど、この本は私にしかできないこと」と自信満々に語っていました。写真に添えられた文章もなかなかの好評だったようです。

 

 

 

さらに昨年には恋愛小説『言えない恋心』を発表。15~21歳の女性アイドル6人の心に秘めた想いを描いた全6話の恋愛短編集で、恋愛禁止といわれるAKBの現役メンバーが禁断の恋愛小説を書き下ろしたことで注目を浴びました。

 

 

 

内田さんの今後の活動内容についてはまだ詳細は明らかになっていませんが、インスタグラムのコメントでは、最後にファンに対してこのように述べています。

 

 
「いつまでも皆さんにとって飽きない存在でいられますように。これからも一人の人間として内田眞由美の応援をよろしくお願いいたします」。

 

 

 

AKBの中でも他にはない個性を発揮していた内田さん。これから先、芸能人としても経営
者としても、ますます活躍していってもらいたいですね。

 

 

 

 

 

コメント